M&Aの会社は比較することが大切|優良業者一覧

仲介会社ごとに異なります

スーツの人

m&aは仲介会社が買い手と売り手の間に入って進めていくことになりますが、大きな金額が動くため、仲介会社に支払う手数料もかなりの額となります。そして、仲介会社によって、手数料を支払う時期や算出方法等が異なります。費用についてどのように計算されて、いつ支払うことになるのか、といったことを把握しておきましょう。m&aはまず仲介会社と個別面談を行ったうえで提携仲介契約を結ぶケースが多いです。仲介会社によってはこの初期の段階で着手金を請求してくるところもあります。着手金は中小企業規模のm&aだと数百万円程度が一般的です。ノンネームリストによる検討を経て、関心のある企業をピックアップした後、買い手と売り手のトップ同士の面談となります。このトップ面談を踏まえ、買収価格等の条件交渉を行い、売り手と買い手が基本合意契約を結ぶことになります。この段階で中間金を請求してくる仲介会社もあります。中間金は成功報酬の10%から20%が相場となっています。基本合意契約を結ぶとデューデリジェンスが始まります。デューデリジェンスの結果、問題がないようであれば、最終的な条件を提示し、最終契約書に調印、株券の譲渡等が行われます。この段階でm&aが成立し、仲介会社に成功報酬を支払うことになります。最近では、着手金や中間金を取らずに、成功報酬のみで仲介を受ける仲介会社も見かけるようになってきました。m&aを本格的に相談する前に、費用についてきちんと確認しておきましょう。